読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猛者日記

理系高校に通う文系のブログ

バーのマスターになりたい

世の中で一番オシャレな職業。

それは、バーのマスター。

バーのマスターは時に優しく、時に寄り添うように客を見守る。

嬉しいことがあれば、甘くて多幸感のあるカクテル。悲しいことがあれば、やけ酒する客が飲むカクテルのアルコール度数を低くして、その悲しみを明日まで引きずらないよう、気を使ってくれるだろう。

 

 

朝六時。マスターの朝は早い。健康を維持するために、毎朝のトレーニングが欠かせないのだという。

「体力ないと、この仕事出来ないんです。『お客さんのニーズを考えて、頭をフル回転させながらカクテルを作る』これが凄い大変なんです。」

 

 予約した客、一人一人に合わせたカクテルを作るために、マスターは毎朝、材料を厳選しにいく。

「人の心はカクテルに似てるんです。なんて、少し恥ずかしいですが…笑。でも、本当にその人の心に合ったカクテルっていうのがあるんです。私はその正解をだし続けなきゃいけないんです。」

 

マスターの店までの移動中、話を聞いた。

Q.結婚はしないのか?

すると、マスターはバツイチで、妻のところには、もうすぐ小学生になる娘もいるという。毎月、養育費を払っているが、娘には中々会えないそうだ。

「客の心に気づいて、どんなときでも寄り添おうとしてる奴が、家族の心に気づけなかったなんて皮肉ですよね…笑」

マスターは悲しく微笑んだ。

 

店に到着した。

マスターの店は会員制で予約は1年半待ちだという。

「本当はお店広くして、もっとお客さんに来てほしいんですが、やはり、私一人だとこの広さが限界なんです」

マスターは店で私情を挟まない。客の心の機微を読み取る際に、それは不要だからである。マスターは客の心にただ、寄り添うだけなのだ。

 

午前三時、マスターの一日が終わった。

 

「私は一人一人の人生全てに責任は取れません。でも私の店に来てくれてる時間はその人の人生の良い瞬間になってほしい。ただ、それだけです。」

 

マスターは今日も働く。客の心をなぐさめるでも、一緒になって歓ぶでもない。ただそっと寄り添うだけなのだ…。

 

 

なんか、途中からマスターの話になってました。バーのマスターみたいにダンディーになりたいです。

 

情熱大陸LIVE BEST

情熱大陸LIVE BEST