猛者日記

理系高校に通う文系のブログ

五円玉の中心で、太陽を描く

小さいころ、絵を描くのが下手だし、そのせいで苦手だった。だが、一度だけ絵が学級通信に選ばれたことがある。

 

 

 

小学生のころ、学校で五円玉の授業を受けた。もちろん当時10歳の俺でも、五円硬貨には額面5円の価値があるということ知っている。

 

五円玉二枚で五円チョコ二つ。駄菓子屋で知る資本主義の真理。だが、当時の担任は五円玉の価値は、五円玉のデザインにあると言う。

 

10才の俺でさえ、資本主義社会おいて5円硬貨に5円チョコを買う以外の価値がないことくらい知っている。

 

しかし彼女は、当時の担任は、こう言うのである。

 

『五円玉には五円チョコが買うよりも良い使い方がある。デザインを見ることだ!』と。俺の脳に衝撃が走った。

 

バカな男だった。まだまだだった。浅はかだった。I'm funky モーパッサン It's funky モーパッサン 能書きはもうたくさん Yeah!

脳内でGRAPE VINEが流れ始めるくらいの衝撃だった。

youtu.be

 

話を戻すと五円玉のデザインには、稲穂や海、歯車が描かれていて、それぞれが農業、水産業、工業を表しているのだ、という。

 

要は、五円玉には日本を支える産業のアイコンが詰めこまれている、ということらしい。

 

「なるほど五円玉は五円チョコを買えるだけではないのか」と、当時の俺もこれには感心した。

 

それでも、デザインを見てから五円チョコを買えばよいのでは?という疑問は晴れることはなかった…。

 

しかし、問題はその後の課題だった。

 

 

 

学校から課されたのは、「新しい五円玉を描け」というものだった。そう、苦手な絵を描く課題だった。

 

担任から、正確に言えば前の席のえいじ君から、大きい丸の中に小さい丸が書かれただけの白い紙が配られてきた。

 

俺は苦悩した。

 

そのころ、一番嫌いなものといえば、キュウリよりもニンジンよりも、絵を描くための白紙だった。

 

一生懸命、何を書くか考える。

 

だが浮かばない。

 

何度考えても浮かばない。

 

「クソっ五円玉なんぞ知るか、死ね!」俺の心は荒んでいた。

 

そんな俺を見兼ねてか、担任がアドバイスしに来る。

 

『お前が思う日本を支えているものは何なんだ?』

 

俺は、机の上の白紙を見つめて、日本経済に思いを馳せる。そして、思いついた。

 

家電量販店だ、と。

 

日本を支えているのは「コジマ」だと。

 

 

 

俺の家はコジマでテレビを買ったばかりだった。アナログからデジタルに変わった瞬間。コジマこそ我が家のクールジャパンだった。

 

そして、俺は自然な流れで五円玉の中心にコジマのロゴを、太陽を描いた。f:id:ippanshisei:20171001190803j:plain

単なる反則だった。五円玉の真ん中を太陽で埋める。五円玉アイデンティティの全否定をした。

 

真ん中の穴を五円・五十円の寡占から五十円の独占に変える。つまり、俺はこの手で、日本通貨の歴史を変えてしまったのだ。

 

 

 しかし、自体は急転する。

 

 

太陽を小学生らしい元気の良さだと思ったか、はたまた絵を描けなかった俺への情けであったか、あろうことに担任は俺の五円玉案をクラスの代表に選んだ。

 

この日、5年1組の5円玉から穴が消えた。俺が歴史を書き換えてしまった…。

 

当然、5円玉のデザインが変わるという事実は公布し、広く報せなければならない。穴のない五円玉は学級通信に掲載された。

 

 

 

その後、授業参観があったせいで、クラスメイトの親たちに『絵うまいね』と幾度となく言われた。

 

過ちに気付いていた俺には、その言葉はただの皮肉にしか聞こえなかった…。大人は腐っていると思い始めたのは、この時だった。

 

 

 

僕らが何気なく使っている5円玉。あなたはその穴から何が見えますか?

 

みなさん、近い将来、コジマがターミネーターにおけるスカイネット社、またはバイオハザードにおけるアンブレラ社のように、日本を、いや世界を牛耳る日が来るのかもしれませんね。

 

おわり。